So-net無料ブログ作成
検索選択

飛べない翼には…動かし方を忘れた羽には、意味があるのか? [心の闇]

膝を抱えて 部屋の片隅
いつも不安で 震えていた
真実(ほんとう)を知る ことが怖くて トビラを閉じた
    by 水樹奈々 「Innocent Sterter」

 注意事項
「心の闇」カテゴリーの内容は、人によっては不快に感じる内容が含まれる可能性があります。
誰にだって、愚痴りたくなったりすることはあります。
見たから不快になったと言われても、責任を負うことはできません。
見ようと思わない方は…このまま続きを見ないようお願いします。

気に入らない、吐き気がするほどに。
ここまでというのも久しぶりだ。
この世の不条理が気に入らない。
仲間達を捕らえようと、伸びてくる闇の手も嫌だ。
「私」から「俺」を出しておきながら、居なくなったあいつにも怒りを感じ始めている。
…こんな自分が、嫌だ。

結局、手を引っ張ってくれる誰かがいないとダメだと言うのか。
…チクショウ、このヘタレめ。
もう半年になるというのに…

…ルナさんに、一体何があったのだろうか。
リアルが忙しくなったんじゃない。リアルで何かあったとしか思えない。
メッセのコメント部分とかも統合すると、ね…
こちら側に来て欲しくない…闇に捕らわれないで、欲しい…

蒼井さんは…元気だろうか。
セカンドライフ…私のPCではスペック不足なので行くことはできない。
偶には、こっちにも顔出さないかなぁ…
と思ったが、ここのアドレス知らないはずだなぁ。
元気にやっているといいな。

心の闇ってさ、何かそれを連想させるものがあったら引き込もうとして手を伸ばしてくるね。
でも、光と闇は表と裏。どちらかがあるならば、もう一方もある。
普段は光のほうを見ているだけで、手を伸ばしてきた時は闇のほうを見る。
視界に両方入っているのに、どちらを注視しているかが、状況の違いか。

光の世界に戻ることは出来ない。
光の中にいても、自らの影に、闇が生き続ける。

あー、ぐだぐだだ。
結局、何が言いたいのか、何を言おうとしてるのか、そして、自分が何をしたいのかも曖昧だ。

リラさんは、そのまま闇に戻っていってしまいそうで、見ていて怖い。
頻度が高い…
否、リラさんの選んだ道は、闇を見ながら光に向かうような道だ。
頻度が高くて当然なのだ。
信じろ、彼女を。そして、その道を行く彼女を見守ろうとした、自分を。

えんさんはその点、光の側に戻ってくる安心感がある。
無理をして、倒れなければいいのだけど…

結局、波のようなものがある。
今はこんな狂った状態だが、しばらくすればいつも通りに…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。